移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     ブラジル漂流記 (Draft in Br...  (最終更新日 : 2017/07/20)
パンタナールⅣ [全画像を表示]

パンタナールⅣ (2011/06/09)
DSC_8019.jpg
ワニが口を開けて日向ぼっこをするのは、口の中の寄生虫を駆除するためらしい。見かけとは異なり非常に繊細な動物である。


パンタナールは世界有数の動物密度を誇り、418種の動物、934種の野鳥、450種の淡水魚が棲むといわれる。乾季に行くと、それこそウジャウジャたくさんのワニが口を開けて日向ぼっこをしている姿が見られる。一緒になった旅行者も最初は珍しがってみていたが、犬猫並みに簡単に見られるので、ワニがいると聞いても、誰も見向きもしなくなってしまった。

DSC_9414.jpg
ユーモラスで可愛い感じがするが、意外に凶暴で怖いツッカーノ


 ファゼンダホテルには野生のツッカーノが住み着いていて、ちょっかいをだすと、カタカタと大きな嘴を鳴らして威嚇してきた。実際あの巨大な嘴で威嚇されると意外に怖い。朝食時にもサロンに入り込んできては、隙を盗んでパンやハムをかさらっていく。みかけはユーモラスでかわいいが、結構凶暴なカラスみたいな奴なのである


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.