移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2019/04/21)
7・1 ブラジルが負けた日 [画像を表示]

7・1 ブラジルが負けた日 (2006/07/01) 僕はあまりサッカーに興味がないこともあり、今回のワールドカップは一度として最初から最後まで観戦していなかった。
 何故か、今回はきちんと観たくなった。ひとつには、どうせブラジルが余裕で勝つだろうという気持ちがあったからだ。もしブラジルが勝てばパウリスタあたりにも大画面が設けられ、もう少し簡単に大観衆の写真がとれると思っていた。
 独りで見るのも味気ないので、近くの大きめのテレビを設置しているバールで観ることにした。
 まったくサッカー音痴の僕が見ても、最初からフランスの気合が勝っているのが解った。特にジタンの気合はヒシヒシとテレビ画面からも伝わってきた。そんなジタンを見て、ロナウジーニョがなんでそんなに力んでいるの? といったような驚きの表情をしているのが印象に残っている。見ている人々もブラジルの選手同様、最初は余裕の表情で見ていたが、試合の終わり時間が近づくに連れ、声援が叫びに近くなってきた。終了まじか30秒前、もう何人かの人々があきらめの表情で立ち上がって帰っていった。
 そして終了、町中から大きなため息がもれた。
 ブラジルが負けて、観衆の暴動を警戒して走りまわるパトカーの点滅器の赤い光線が夕暮れの街に虚しく流れていった。

DSC_00091111.gif


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.