移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/03)
1・18 写真準備完了 [画像を表示]

1・18 写真準備完了 (2007/01/19)  今日の夜は男5人で会食した。そのうち4人は全く知らない人たちで、会食する前は、新しい出会いに対する楽しみ80%と未知の人間に会う不安20%の感情が複雑に入り混じっていた。大体において僕は人に会うのが苦手なのである。その傾向は最近とくに強い。そういう状態のときに限って、ミク友やサイトにメールをくれた人から「会いませんか」という話が舞い込んでくる。会って見ると、さすがブラジルくんだりまで来る人たちだけに興味深い経歴の持ち主や、面白い人が多い。出会いは縁であるから、新しく出会ったこれらの人々の縁を大切にしていきたいと思っている。

「ところで、写真展の準備は大丈夫なのですか?」と聞かれ一瞬戸惑ってしまった。何故そんなことを知っているのだ? と不思議に思い話を聞いてみるとこの日記をときどき読んでくれているらしい。「なかなかできないようだから、読んでいて心配になりまして」そう言われて、その後の結果を書いていなかったことに気がついた。でも、身近な人に自分の出来事をしられているというのは妙に恥ずかしい。それを覚悟で書いているのだが、直面するとやっぱり恥ずかしいものである。
 写真展用の写真は無事できあがった。できあがるまでにほぼ一ヶ月近くかかったが、そのできは満足できるものであった。当初は本当にできあがるのかといろいろ気をもんだが、できあがってみると、その気苦労もすっかり吹き飛んでしまった。普段プロの写真を扱っているコンピューター技師やオーナーも非常に写真を気に入ってくれ、店のサイトや店内に写真を飾ってもいいかとまで言ってくれたのが嬉しかった。以前、写真集を見せると「暗い」とか自分にもこれくらいの写真は撮れる的な発言をされたことが結構あったので、自分の写真に疑心暗鬼になっていたこともある。それだけに彼らの言葉はひとつの自信になった。 もちろん仕事として彼らに頼んだ訳だが、彼らを見てて僕の写真を気に入ってくれて作業してくれたのがよく分かった。彼らに深く感謝している。

 写真展は2月14日~20日まで、東京銀座のニコンサロンで行います。東京にはほとんど知り合いがいないので、見に来てくれる人は少ないと思います。あんまり少ないとちょっと寂しいので、首都圏付近在住で写真やブラジルに関心がある人に是非きていただければ幸いです。

「MINHA VIDA」
場所 東京都中央区銀座7-10-1 STRATA GINZA 1F
日時 2月14日~20 10時から17時まで、最終日は16時まで

DSC_0066.jpg
今日はじめて、このオス亀が交尾しているのを見た。彼もやっと大人になったのだ。僕も写真展を機に一皮向けたい。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.