移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/10/26)
4・22 勘 [画像を表示]

4・22 勘 (2007/04/23)  最近、息子は紙でできたサイコロをいつも持ち歩いている。昔、サイコロキャラメルというのがあったが、ちょうど大きさも色も同じようなモノである。それを転がしては、友人と当てっこをしているようだ。
「何がでると思う。当ててみてよ」
と僕に言ってきた。
 その瞬間、サイコロの目が見えた。その目をいった後、彼がサイコロを振った。ずばりその目だった。またしつこく彼が尋ねてきた。やはりこのときも、目が見えた。これも当たり。
「うわー、パパイ、凄いね、もう一回、もう一回」
そして、3回目。やっぱり目が見えたのである。その数字をいって彼が振るとまた、当たってしまった。さすがに3回連続となると自分でも驚いてしまった。それも明らかに目が見えただけにびっくりである。
 小さいころから、引きがよかったせいか、商店街の福引などがあると、いつも母は僕にいかせた。実際、結構な割合でいろいろ当たった。そんなこともあり、僕は自分自身結構勘がいい方であると、勝手に思い込んでいる。そう思いこんでいるから、何かをするとき、嫌な予感がしたりするときは、まずしないことにしている。特に、ここブラジルでは何が起こるかわからないから、この勘というのがかなり重要だと思う。逆に考えると、ブラジルのような所に住んでいると、防衛本能で勘がよくなるともいえるのかもしれない。
 最近、食事に気をつけ、あまり夜であることもなく、規則正しい生活をしているおかげで体調がいい。そのおかげで勘も冴えているのだろうか?

4;22.jpg
そろそろ、また旅に出たくなった。家の雑務も終わりつつあるし、来月は旅に出ようかな


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.