移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/09)
6・9 スチュワーデス

6・9 スチュワーデス (2007/06/10)  今回、乗ったJALのスチュワーデスは、中年が多い。どうしてだろう。スチューワーデスといえば、若くて綺麗、という勝手な思い込みがあるから少々がっかりである。
 今年になって今回は2回目であるせいか、いやに時間が過ぎるのが速く感じる。あっと間にニューヨークに着いてしまった。日本への飛行機に乗る前の、荷物チェックの場所で、「ちょっとこっちに来い」といわれ、そこに行くと、金属検査のような奇妙な入り口があった。止まれといわれ、そこに立っていると、突然プシュプシュと空気が噴出され驚いた。以前はこんなものはなかったのに。「これは、何?」と聞いたが、担当官は笑うだけである。出た後、殺菌をされたことが判明。空気は菌を落とすためっだったのだ。そんなに僕は汚そうに見えるのか??、しばらくどんな客が殺菌されるのか、見ていた。小奇麗な女性もそこを通されていたから、別に服装や見かけで決めているわけでもなさそうである。何故かちょっと安心した。家を出る直前に急いでヒゲを剃ったために口元を切ってしまい、まだ血が流れていたせいかもしれない。
 成田にもあっという間についてしまい、ちょっと残念なほどであった。慣れとは恐ろしいものである。
 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.