移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/05)
7・15 サンパウロへ

7・15 サンパウロへ (2007/07/15)  2泊3日のパラチの旅もやっと終え、サンパウロに帰ることができた。パラチではとにかく忙しいばかりで、せっかくいいホテルにとめてもらっても、おいしい食事をさせてもらっても、やることがありすぎて気持ちが落ち着かなかった。こういう旅は、できるだけ避けたいものである。
 しかし、昔、ミナスから金を運んだという古い街道、「カミーニョ・デ・オーロ(黄金の道)」を実際に歩けたのは嬉しかった。前から、この道は気にかかっていた。雨によって、急斜面の道は崩れていたが、山の中に石畳のしかれた道が永遠続いているのには驚いた。この道をロバと奴隷が遠くはミナス州のディアマンチーナから金を運んだそうだ。当時としては大変な旅だったと思う。バナナの林を抜け、上り下りを繰り返し、30分程度のほんのわずかなトレッキングだったが、当時の様子をほんのわずかだが感じられた。いつか、この道を歩いて、ディアマンティーナまで行ってみたいものである。
 そんなことをサンパウロ行きのバスの中でずっと考えていた。ふと、旅ってなんだろう、どうして人は旅に出たくなるのだろう、という疑問が頭に浮かんだ。知らない土地の見聞と発見、出会い、感動・・・。気づかないうちに旅の多い生活になってしまったが、出かける前の億劫、心配などにいつもうんざりしているにもかかわらず、未だに旅の多い生活をしているのは、なんだかんだいって旅が好きなのだろう。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.