移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/05)
10・12 試写会

10・12 試写会 (2007/10/13)  イタペリカセーラで行われた記録映像作家、岡村さんの作品「ブラジルの土に生きて」の試写会? に行った。
 ミナスの田舎で老後を送る夫妻を4年間記録したもので、人間の死生観がさまざまな形で映し出され非常に感銘を受けた。宗教とは?、生とは? 死とは? 運命とは? 僕が最近ずっと自分に問いかけていることを、まるでこの映像に出てくる老夫婦が答えてくれているような感じさえ受けた。
 岡村さんが、心臓を患う老夫に「死についてどう思いますか?」と尋ねるシーンで、学生時代にガンを患って死ぬ間際の母に同じ質問を向けようとした自分がよみがえってきた。結局僕は母にも父にもこの問いかけはできなかったが・・・。
 人によって死生観こんなに違うものなのだと、この作品を見て改めて気づいた。自分の死生観は未だに良くわからない。己の「生」と「死」を見つめながら、自分自身を表現していきたい。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.