移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/20)
11・14 息子の反抗 [画像を表示]

11・14 息子の反抗 (2007/10/14) 「エドワルドが、私の手を掴んで離さないのよ! もし私を叩いたりするようなら、少林寺拳法なんか習わせないわ!」
 電話をとると、キンキンと神経質な声が受話器から押し寄せてきた。はじめは何を言っているのかよくわからなかった。どうやら、チョコレートをめぐって、親子で喧嘩をしたらしい。
「チョコレートをちょうだいっていったら、私にチョコレートを投げてきたの! それで怒って文句を言ったら、言い返してきて、私が叩こうとしたら、あの子、私の腕をつかんで、離そうとしないの」
 彼女も大分おちついてきて、ぽつりぽつりとあらましを話しはじめた。
「ふーん・・・・」黙って聞いていると、彼女は一人でまくし立て、すっきりしたのか、じゃーね、と言って電話を切った。
 そういえば、最近息子は、むすっとした表情をしていることが多い。学校で何か気に食わないことがあったのだろう、と思っていた。そろそろ反抗期なのかもしれない。
 家に帰ると、彼女がしんみりとした表情で
「そういえば、まだ子供の頃同じようなことがあったの。一番下の弟がいるでしょ。彼と喧嘩になったとき、やっぱり私の手を掴んで離さないの。で、もう、誰も僕のことを叩かせない! っていうの。それから、彼とは喧嘩しても叩いたりしなくなったわ。エドワルドも別に私に暴力を振るったわけでもないし・・・・彼も大きくなったのね・・・・」
 今まで息子のことを、何をするにも息子のことを第一に考え、自分以上に大切に育てきた彼女にとって、今日のできごとは大きなことだったようだ。息子の成長を喜ぶ反面、息子が自分の手から離れてしまったことを感じ、寂しげだった。

10 14.jpg
子供はあっという間に親の手を離れていく。一緒に手を引いて歩いた頃が懐かしい。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.