移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/04)
11・26 占い [画像を表示]

11・26 占い (2007/11/27)  彼女に会うのは3年ぶりであった。
「私も、もう31よ。変わらないでしょう?」
 そういって、くるっと身体を反転させた。
 どうして彼女に占ってもらったのかよく覚えていないが、多分一番の理由は単なる好奇心からだったような気がする。そして、将来どうなるのか、ちょっと覗いて見たくなったのと、本当にあたるのかよ、というカラカイの気持ちからだった。
 彼女のお兄さんも占いで生計を立てているらしいので、家族してそういう能力があるようだ。彼女の双子の姉妹に言わせると、僕が今日来ることもわかっていたらしい。が、ちょっとその辺になると???である。
 彼女の占いはカードによるもので、かなり近い将来を見る。僕としては、近い将来の細やかなことなど別に知りたくもないので、以前みてもらったときはがっかりした。別に今回も見てもらうつもりは、なかったのだが、偶然に会うことになったので、じゃー見てよ、ということになったのだ。
 普段は普通の女性なのだが、カードを読み始めると、ちょっと雰囲気が変わり、話し方も物事をわきまえた口ぶりになる。彼女に言わせると、霊のようなものがきて見せてくれるそうだ。よく、会話をしながらうまく聞きだして、適当な話を作り上げてしまう、占い師も多いから、僕は一切何もいわないで、彼女のいうことをひたすら聞くだけである。確かに少しはあたるようで、ときどき、どうしてそんなことを知っているの? と思いたくなる部分もある。
 そして今回の占いの結果は、昔関係のあった女性がまた関係を持とうとしているらしい。その他は概ね良好で、お金はボチボチではあるが入ってくるとのことであった。
 こういった占いは、聞く方もある程度信用の念を持って聞かないと、例え本当に力があっても当たらないだろう。しかし、今回の占いはあまりあたってもらいたくないものだったので、信用はしないことにした。
 別れ間際「私の占いがあたったか、興味があるから、絶対に電話してね」
といわれたが、多分あたらないだろう。 いや、あたってもらっては困る。
じゃあ、これで、という感じで手をあげて、何も答えずにその場を後にした。

1126.jpg
最近、自分の将来がどうなるのか見たくなってきた。とにかくあと10年は健康上何の問題もなく生きたい


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.