移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/13)
1・20 ピララーラの健康悪化 [全画像を表示]

1・20 ピララーラの健康悪化 (2008/01/22)  ここ2,3日ピララーラ(レッドテールキャット、尾びれがあかい鯰)の具合が思わしくない。あれほど旺盛だった食欲もぴたりと止まり、まったく食べなくなってしまった。
 この鯰は何回死にかけたかわからない。その度に、温度を上げた、塩を入れた小さなプラスチックケースに入れてやると、元気に回復してくれた。しかし、この方法がいつもいつも通用するとはとても思えないので、今回はどうしようか、と調子が悪そうに、頭を水面間際に浮かせて漂っている鯰を見ながら考えていた。水槽の水を替えても効果はなかった。少々の具合の悪さだったら、これでよくなるのだが、今回はダメである。一緒にいる魚は元気に泳いでいるのだが。
 魚の治療は一瞬の判断の遅れが死に直結してしまうので恐ろしい。しかし、別の場所に移し変えたのが災いして、入れて10分後には死亡というケースも何回か遭遇しているから、判断が難しい。
 水槽を見ると、今日のピララーラは特に具合が悪そうである。すっかり大きくなってしまって、今まで入れていたプラスチックケースも小さくなってしまった。水槽での治療はいろいろ試してみたが、好転するようすはないので、プラスチックケースに入れ替えることに踏み切った。しかし、大きくなったものである。ほぼ45センチ近い。暴れるピララーラをなんとか移し変えたが、おちつかないのか、やっと身体を方向転換できるケースの中を泳ぐというよりは動いている。その後、落ち着いたが、頭は水面に。やっぱりダメか・・・??? こいつには随分手を焼いてきただけに、もし死んだらかなりのショクである。約1年半ほどこいつとは一緒に暮らしてきた関係であるから悪そうな状態を見るのが辛い。再びこの状態を乗り切れるか? 明日の朝見るのが怖い。

121.jpg
プラスチックケースにやっと収まる大きさ。もっと大きなケースを買わなくてはいけないのだが、日本と違ってかなり高い。滅多に使わないものだし・・・、でも買うしかないようである。とにかく明日の朝の状態しだいである。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.