移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/02)
2・25 最近の息子

2・25 最近の息子 (2008/02/26)  今、息子は毎日朝5時に起き、学校に通っている。ブラジルの小学校の授業は半日で、5年生になると今までの午後からの授業が午前中になるのだ。毎朝早くからの授業に根をあげていると思っていたが、本人は「時間を得したようでうれしい」という。彼は親に似ず、働き者になりそうだ。
 以前通っていた学校が閉校になってしまい、別の学校に移ったのだが、前の学校の友達たちの多くも一緒に移ったこともあり、すんなり何も問題もなく慣れたようだ。恥ずかしがりやではあるが、僕と違い出たがり屋で積極的な部分もあるから、それほど慣れるまでに苦労しなかったのだろう。ただ、今の学校は以前以上に勉強の面で厳しいらしく、毎日の宿題だけでも苦労している。
 だんだん、息子は妙に理屈っぽくなってああだ、こうだ、屁理屈をいうようになって僕にもうるさくなってきた。時には、母親も言いまかせれているらしい。少しはしっかりしてきたかな、と思うが、忘れ物が多かったり、失敗をしたり、結局重要なことはまだまかせれない。やはりいくら口が達者になってもまだ10歳の子供なのだ。
 いつか日本に連れて行ってあげたいと思っているのだが、実現はなかなか難しそうである。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.