移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/03/29)
3・28 大恐慌 [画像を表示]

3・28 大恐慌 (2008/03/29)  円がドル換算で上昇したので、久しぶりにリベルダーデの両替屋に行った。1万円で170レアル。今まで155付近をうろうろしていたことを考えると急上昇である。持っていた円をすべて両替し、店を出ようとするとAさんがちょうど入ってきたところであった。
「今、うちは大恐慌なのよね。やっぱり大恐慌?」
「今、仕事の半分以上は日本でお金を受け取っているから・・・」
「いいわね」
 ちっともよくはないのである。仕事がどんどん入ってきて、高い支払いならいいのであるが、なかなかそうはいかない。それを説明しようとしたが、店も閉まる間際で彼女も急いでいる様子だったので辞めた。
 レアルがこれだけ強いと、つくづくブラジルの仕事がもっと入ってくればいいのに、と思ってしまう。まともに宣伝もしていないし、ブラジルで写真にお金を出すところとなると、大企業くらいで、そういう大きなところは技術も名前もあるカメラマンがしっかり入り込み、僕なぞお呼びではない。カメラもデジタルになり簡単な写真は、小さな会社では自分たちで撮ってしまうからますます仕事はないのである。その上、ブラジルも日本同様、毎年多くのカメラマンが生まれているので、僕の入り込める余地は少なくなっていく。
 ほそぼそとやっていくのがやっとである。それでも自分の生きたいように活きていけるのは、まさに奇跡である。周囲の人々のおかげがあるからだとつくづく思う。

329.jpg
帰り際セントロを歩く。月末で給料日にもかかわらず、なんとなく道行く人の表情は冴えない。カードローンなど右から左にお金は消えていくのだろう。金は天下の回りモノだが、できればたくさんまわってきて欲しい。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.