移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/02)
5・2 10年の目標 [画像を表示]

5・2 10年の目標 (2008/05/04) 「どう、元気!」
 久しぶりにお世話になっているIさんにお会いした。
 去年の元気一杯、精力一杯、気力充実、のイメージからうって変わり、どこかしら眠たそうな、柔らかな雰囲気に包まれている。
「息子に社長の座を引き渡して、今は相談役になったから、いろいろ変わったよ」といいつつも、また次の目標をいろいろ話してくれた。
「ところで、どう仕事は? もういいんじゃない、写真は。
 油田も発見されたし、農業生産も上がってきているし、地下資源もあるし、これからブラジルの時代がきっとくるよ。君なんて、ブラジルの知識も深いし、少しはポ語を話せるし、日本とブラジルの橋渡しにぴったりじゃない」と氏。
「最近、ますます写真の目が開花しちゃって・・・」と冗談で切り替えしたが、彼が僕のことを心配して言ってくれているのはよく解った。このまま、食えない写真の世界にいてもしょうがないのはよくわかるが、さらさら、橋渡しなぞになる気はなかった。
「なんか目標はあるの?」
「あと10年のうちに5冊写真集を日本でだして、5回写真展をやりたいと思っています」
「ああ、そう。君にそういう気があるのなら頑張らなくちゃね。もっと細かな計画をたてなきゃ」
 またバカなことを考えていると思ったのだろう、彼は少々トーンダウンして僕の方を見ながら言った。
 その後、人生経験の深い2人の方にIさんに言われたことを言うと
「そうだね。Iさんのいうことは正しいよ。
君の考えていることは非常に難しいけど、まあ、頑張りなさい。好きなことをするのが一番だよ」二人ともほぼ同じような事を言った。僕としては「君なら大丈夫だ。頑張れ!」という回答を期待していただけに少々がっかりした。3人の経験豊かな人に同じような事を言われたということは、多分それが正解なのだろう、でも、僕は自分のやりたいことしかやれない。今後どうなるかわからないが、無名のまま、貧乏なままで終わってもそれは仕方のないことだと思っている。
 以前、ルポライターになりたいと思い、取材をし、書いたことがあった。しかし、自分で読んでも全然面白くなく、これは自分にあってないと直感した。結局、行き着いたのが自分自身を見つめる作業であった。自分自身を写真と文章で表現する作業であった。何処までやれるのか、自分でも解らない。でも、続けていくしかないのである。人から見たらくだらないことかもしれないが、それが僕の生きる証だと思っている。 

5gatu 2.jpg
一寸先は闇、且つ明るい未来が広がるわけでもないが、自分が納得いくように生きたい。そのように生きられるだけでも恵まれていると思う。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.