移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/03/28)
9・5 サンタエフィジェニア

9・5 サンタエフィジェニア (2008/09/06)  書き込み用のCD購入とモニターを見たかったのでブラジルの秋葉原といわれる電気街サンタエフィジェニアにいく。この辺はひったくりや強盗が多いことで有名な地区なので、一人だとなかなかカメラがだせない。また、ほとんどの店(ボックス)がパラグアイからの密輸入製品を置いているので、大型のカメラで写真を撮るのは気が引ける。
 CDをみるが、SONYのカバーなしのもので80センターボ(約55円)と意外に高い。これなら、倍はするが普通の安い店でカバーつきのCDを買った方が安心感がある。とにかくこの街で売られているものは偽物が多く、気をつけなければ、ハズレを引かされる。この前買った充電用の電池も偽物で、充電できず1度も使えなかった。見かけが本物と同じなので信用して買ったのだが、安い上に値引きまでさせたのが悪かったか・・・・。買ったのは露天商からだったので取替えにいくこともできず泣き寝入りとなってしまった。CDは迷ったが、モノは試しと20枚購入した。もしこれがおかしかったらもう信用しない。
 街の通りには海賊盤のソフトやDVDを売る男たちで溢れている。フォトショップCS3(約700円)に気持ちが揺らいだが、以前買ったビートルズ全集が入ったCDがまったくダメだったことを思い出しやめた。しかし、ほとんどのものはきちんとインストールできるらしい。ただ更新できないから、その辺は最新のコンピュータだと問題にならないのか??? 昨日、買ったばかりのウインドウズビスタの更新で悪意のあるソフトウエアーのインストール禁止なんていう項目もあったので、(海賊盤も悪意のアルになるのか?)更新するんじゃなかったと思ったが、後の祭りである。この辺にひっかかりそうな気もする。コンピュータのことは全く解らないのでが、どうなのだろう。
 モニターを探すが、僕の欲しいのは写真調整用に使いたいので色がきちんと出る奴でないと困る。ブラジルのサムスンやLGの液晶はマダマダだと聞いていたので、CTRを探すが、名前も聞いたことのないメーカーの安いものばかりでお話にならない。プリンターもそうだったが、ここでプロ用のものを探すのは無理があるようだ。
 思うように写真も撮れなかったし、がっかりして帰路に着いた。
 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.