移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/01)
10・13犬のいたずら [画像を表示]

10・13犬のいたずら (2008/10/13) 事務所に連れて来ていた犬たちも大した問題もなくうまくいついて安心していた。ところがである、写真を撮りに出ていてアパートに帰り着きドアをあけると、糞が転がっていた。今まで粗相をしたことがなかったのに、どうしたのだろう。台所にいくと、フライパンが床に転がっていた。怒りが突然湧いてきた。普段は帰ってくると、ドアを開ける前から、うるさく騒ぐのに、2匹は僕が帰ってきても静かなのでおかしいなと思っていた。
 なんと言う奴らだ。僕の怒りをさっしたニンジャはテーブルの下に逃げ込み、アズミは裏の出口の方に逃げた。ニンジャをテーブルの下から引きずりだし、糞に鼻面をつきつけ腰を叩く。そしてアズミも同様に叱る。
 昼にせっかくトマトスープとサメ肉を煮込んだ料理を作っていたのに、犬たちがすべて食べてしまった。ガスコンロは1mほどの高さにあるのだが、2匹の犬は飛び上がって、フライパンの取っ手に足をひっかけ下に落とすのだ。最初はまさか、と思っていたが、一度ガスコンロに足をかけているのを見て納得した。長い胴は立ち上がると50センチほどにもなり、飛び上がると、横に出ているフライパンの取っ手に手がかかるのだ。以前も同様にしてチャーハンをを食べられた。サメ料理はトマトスープとサメの味がバラバラでどうやって馴染まそうと考えていたところであった。やはりムケッカ風にしてココナッツジュースか、出汁の素でも入れようと思っていた。その矢先であったからぶちきれてしまった。さらに糞まで!
 さすがに2匹は大人しく寝てしまった。「お手」はなかなか覚えないのに、こうしたいたずらばかり覚えてしまうのは困ったものである。

20081012.jpg
今日は息子に犬たちを洗ってもらった。ニンジャは水が嫌いなので捕まえるのに一苦労


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.