移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/17)
11・8 料理

11・8 料理 (2008/11/09)  食べるのがまた徐々に面倒臭くなってきた。そうなると、できるだけ一度に食べたい。健康の面を考えるとあれもこれも食べなければならないから、ひとつの料理にできるだけたくさんの物をいれてしまう。たいてい一番簡単な野菜炒めになってしまうのだが、ホウレンソウ、シメジ、ニラ、たまご、ニガウリ、キャベツ・・・・、とついつい入れすぎてしまう。やはりたくさん入れればいいというわけではないようで、味がにごっておいしくない。果物は特にひとつひとつ食べるのは面倒臭いので、すべてミキサーで生ジュースにしてしまう。定番はバナナ、マンゴー、キュウイ、パパイアで、あればカジュー、アサイなどもいれ、牛乳と豆乳、そして少々のお酢とヨーグルトを入れる。さすがにこれほどいれるとそれこそ濃厚なというかどろっと濃いものができ、とても味を楽しむと言う感じではない。息子に飲ませると、顔をしかめながらやっと飲み干すといった感じである。やはり、入れる具は2,3種類で抑えて、ひとつひとつの味を楽しみながら食べるのがおいしい食べ方だとおもう。
 そういった意味でも日本食の小皿でちょこちょこいろいろな料理を少しずつ食べるのは素材の味を楽しむのに一番理にかなっていると思う。そうとは解っていても自分でいろいろ作るのは大変だからやっぱりいつも1品だけになってしまう。ああ、母の手料理が懐かしい! 今になってやっと母親の苦労が解る今日この頃である。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.