移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/10/20)
11・23 動物達

11・23 動物達 (2008/11/23) 3年ちかく飼っている魚が思わしくなかった。調子が悪そうだったので寒い日に水を交換したのが悪かったようだ。うろこも目も白っぽくなっている。いつも200Wのヒーターを入れて25度ちかくにしているのだが、もう200w補強した。エサもまったく食べなくなっていた。もし、死んだら、本当にショックだ。かなり危なそうな感じだけに、心配だった。
 今朝起きてみると、随分体調はよさそうになっていた。体の白いのは残るが目の白濁は消えていた。よかった。しばらく人工飼料ばかりで、魚の切り身などをあげていなかったので今日は奮発して小魚を買ってこようと思っている。
 犬のにんじゃは、臆病な犬で、散歩もあまり好きでない。散歩にいくよ、と誘っても、いじいじとしていかにも行きたくない、という態度をみせる。呼んでも来ない。だから無理やり首輪をつけなければならない。散歩にでても尻尾をピンと立てていることはほとんどなく、股の間に半分挟んだ感じであるいている。それを見て、いつも情けない、と思っていたが、昨日あたりからぴんと尻尾を立ててあるくようになった。ちょっと自信がついてきたのであろうか? 
 亀たちの大きさがほぼ皆同じくらいになってきた。小さかったものがどんどん大きくなってきたのだ。食欲も大したものであっという間に半分のパパイアを食べてしまう。亀たちにも好き嫌いがあるようで、1番好きなものがパパイア、2番がマンゴー、3番がバナナである。最近、パパイアをよくやるからその関係だろうか。
 これらの動物たちは、適当に飼っている。今までの経験からいうと、あまり大切にしすぎると死んでしまうことが多かったからだ。適度な適当度が僕にもあっているし、動物達にあっているようだ。お互い疲れない関係、そんな感じである。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.