移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/05)
1・19 今日の散歩

1・19 今日の散歩 (2009/01/20)  昨日、散歩で襲撃事件(1・19ピットブルに既出)があっただけに今日の散歩には気合が入った。アズミと僕の身の危険を考えたら、時間をずらすとか遠回りをするとか、回避するのが懸命だろう。なにしろ相手は猛犬のピットブルである。その上飼い主はこの犬を溺愛している頭の廻らない男であるから、何が起こるかわからない。アズミはかみ殺され、僕も怪我をする可能性も大である。しかし、いじめっ子がいるから遠回りをする的なんてことは、僕のプライドが、いや、屁のつっぱりにもならない意地が許さなかった。
 もし、犬が襲いかかってきたときのために、持ち手の大きな折りたたみの傘、警察に通報するために携帯を持った。時間帯もほぼ昨日と同じ時間帯を選び、電話で警察を呼ぶための正しく解りやすい言葉を辞書で引いて用意した。わざわざ会いに行くようなモノだ、と自分の馬鹿さ加減にあきれながら散歩に出かけた。
 前半に、飼い主と散歩する数匹の犬に出会うが今日はさほど気にならなかった。なにしろ、後半にはピットブルとの対決が待っているかもしれないのだから。あと数百メートルに近づいたところで、今まで右手に持っていた引き綱を左手に持ち替え、利き手の右手には折り畳み傘の柄を伸ばし、持ち手とは反対を持った。これで思いっきり殴ればピットブルも少しは応えるであろう。いつも途中に警察がいるので、今日居れば、もしもの時には助けてくれと一言いうおうと、言葉を考え考えすすんだが、残念ながら居なかった。
 さて、昨日の現場にあとわずかに近づいた。なんとなく居そうな雰囲気だ。が、いなかった。ちょっと拍子抜けしてしまった。しかし、昨日仲裁をしようとした男がいた、よっぽど昨日の男がここで働いているのなら、犬と男のことに対して文句をいおうかと思ったが、彼には何の責任もないわけだし、あの犬をみたのは昨日一度きりで今日はいないわけだから、何も言わずに通り過ぎた。
 とりあえずは、今日の散歩を無事終えほっと一息ついた。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.