移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/02)
1・31 息子の成長 [画像を表示]

1・31 息子の成長 (2009/02/01)  ついこの間、息子に靴を買ってやったと思ったのに、もう小さくなった。つま先が窮屈そうで、見ているほうもなんとなく痛くなってきそうな感じである。履ける靴は2足あるにはあるが、見ると靴先は破れ2足ともかなりボロボロである。
 先日、コンピュータも買ったばかりなので、かなり躊躇したが、ボロボロの靴で学校に行かすのも可愛そうなので、もし安い靴があれば、という条件で買ってやることにした。
 ショッピングセンターの靴屋にいくと、ちょうど安売りのモノがあった。デザインも彼が気に入り、メーカーもペナルティというブラジルでは名のしれたモノだったので買ってやることにした。50%OFFで60レアル(約3000円)。これ以下の安いモノも当然あるが、ブラジルの場合一定のレベル以下になると急激に品質が落ちる。破れやすかったり、すぐ靴底が磨り減ったりする。この辺が妥当と思い、すぐ購入した。今まで39(26センチ)を履いていたので今回は40を買う。僕のサイズが39であるから、今、僕と一緒かちょっと大きいくらいである。靴のサイズではあるが抜かれてしまったことは、ちょっとショックであった。このまま行くと身長で抜かれるのも、もうじきであろう。子供に見下ろされるようになるのは、嫌だな~。まあ、仕方ないことであるが・・・・。
 反抗期も、もうそろそろ来るだろうし、そうなると僕が父を嫌ったように僕も息子に嫌われるのかな~。「歴史は繰り返す」というから、そうなっても仕方ないと思っている。

2009131.jpg
今日は、息子も散歩に誘う。新しい靴を履いてお散歩に参加。
ニンジャが彼と一緒だと嬉しそう。ニンジャとしては息子を率先しているつもりなのであろう。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.