移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/27)
2・8 息子との日曜日 [画像を表示]

2・8 息子との日曜日 (2009/02/09)  毎週日曜日は、息子に犬たちを洗ってもらって、フェイラ(青空市)に一緒に行って、果物を買ってくることにしている。2つとも一人でやると、僕にとって億劫なことだけに、彼に手伝ってもらって随分と助かっている。
 そのときに、彼の方から学校のことや、今流行っていること、友達のことなどを喋ってくるので、何も言わないで聞いている。注意することや、よっぽど間違っていることをしてない限り、何も言わない。普段あまり会うことがないだけに、このひと時は、息子とのちょうど良い会話時間でもある。
 アイスクリームが食べたい、というので、パダリア(パン屋のような店)で買うことにした。買い物車があるので、僕は外でまっており、彼に行かせた。なかなか戻ってこないので、どうしたのだろうかと思っているとやっと2本のアイスクリームをもって出てきた。
「レモンの方が20センターボ(10円)安いのに、アサイ(僕が頼んだ)と同じ値段を取ったので、文句を言ってて遅くなっちゃった」と言ってお釣りを出した。たかが20センターボだからいいのに、と思ったが、多分僕も間違ったままにはしておかないだろう、と思うと思わず苦笑いしてしまった。以前、スーパーで買い物をして、レジが間違いをしたことがあった。それに気づいて文句を言ってお金を返してもらったことがあった。彼は横でそれを見ていたのだ。
 間違っていることは、間違っているときちんと言わなければならないのだが、彼はどのように言ったのだろうか? 僕は時々腹を立てることがあるので、冷静に言わなければと反省する。結構時間がかかったが、彼はどんな風に言ったのだろうか、店のレジの対応はどうだったのだろうか? 深くは聞かなかったが、少し気にかかる。

200927.jpg
毎週1回洗っているので、犬たちもほとんど犬くさくなくなってきた。家の中も犬くさくならないのでいい。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.