移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/03)
2・24 地方のカーニバル

2・24 地方のカーニバル (2009/02/25) 久しぶりにテレビを付けてみると、各地のカーニバルの様子が流されていた。サルバドールでは40万人の観光客がブラジル内外から訪れているそうで、画像を見る限りでは街中がカーニバル一色となっていた。本場リオ・デ・ジャネイロも多くの観光客がセントロ、コパカバーナを中心に盛り上がっているようだ。
 どうやら、サンパウロが盛り上がってないのは、お金持ちを中心に多くの人々が外にカーニバルを楽しみに出るためなのだろう。僕の住むセントロなどはカーニバルの期間中閑散としたものだ。本当は北伯の方に地域色豊かなカーニバルの写真を撮りに行きたいのだが、あまりにも人が多いのと、危険性を考えるとどうしても躊躇してしまう。
 以前レシフェのカーニバルに行った。僕はたまたま消防車の上に乗って写真を撮っていたのだが、見ていると、6,7人の男が一人の男の財布から時計から群がって盗っていた。それはやっと身動きが取れるほどの群衆の中での窃盗で、そこいらじゅうから手が出てくるものだから、盗られて本人も誰が盗っているのか解らない。僕が見ている僅かな間に5,6人が襲われていた。これを見てさすがにびびってしまった。今年のリオは観光客の泊まっている安宿が、拳銃を持った押し入り強盗によって随分襲われたようだし、危ないことこの上ない。
 しかし、危険を考えていれば、ここブラジルでは楽しむことも写真を撮ることもできないわけであるから、その辺はあまり心配しすぎないようにして自分は運がいいから大丈夫と考えていくしかないのだろう。健康状態も大分戻ってきたし、来年こそは東北伯の方に行きたいと思っている。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.