移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/12)
4・10 パスコア [画像を表示]

4・10 パスコア (2009/04/11)  今日はパスコア(復活祭)。天気もいいにもかかわらず、季節の変わり目のせいか、風邪が完全に抜け切っていないせいか血圧が高い。少々の高さなら無視するのであるが、無視できそうにない数値なので、家で安静にすることにする。
 2時ぐらいに、今日はパスコアだから催しがセのカテドラルでもあることに気がつく。すでにもう2時、さらに暑い最中、血圧が下がっていれば、行こうと思ったが、残念ながら下がっていない。
 2時のニュースを見ていると、行楽地の煩雑ぶりと、犯罪のニュースばかり。とくに最近は銀行強盗やお店、車、家が襲われた話ばかりで、治安が悪くなったことを痛感する。これはブラジルに限った話ではなく世界中でいえることであるが、つくづく気をつけなくてはと思う。
 ブラジルではオーボ・デ・パスコア(パスコアの卵)と言って、卵型のチョコレート子供たちや知人にプレゼントする習慣がある。今年もスーパーではオーボを買い求める客で溢れかえっていた。そういば、息子に買ってやることをすっかり忘れていた。あまりチョコレートが好きでない息子はあげてもそんなに喜ばないだろうが、やっぱり、あげた方がいいのだろうな、と思う。明日にでも買ってやろう。

DSC_0043.jpg
男の子が抱えているのがオーボ・デ・パスコア。中に卵の形をした空洞のチョコレートが入っている。
 クリスマスケーキのようにパスコアが過ぎると、オーボ・デ・パスコアは叩き売りになる。その時を狙って買う人もいるようであるが、それもちょっと寂しい。でも、この卵は意外に高価なので、子供の多い家庭では結構そうしているようである。

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.