移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/10/22)
4・21 息子の成長

4・21 息子の成長 (2009/04/22) 息子の態度が少し変化をし始めた。以前のように、あまり一緒にいたがらなくなった。日本で言えば小学6年だから、そういう年齢なのだろうと思う。僕が小学6年の頃は、もう父とあまり一緒にいたいなんて思わなかった。むしろ居たくなかったような気がする。彼にも父親離れの時がきているのだろう。
 少し寂しい気もするが、それはそれで仕方がない。これから、彼は彼の道を歩んでいけばいいのである。それに対して少しは手伝いをすることができるが、どのような道へ進むかは、彼次第である。勉強したければすればいいし、働きたければ働けば良い、と思う。ただ、人の道から外れるようなことを、しそうな時や、した時には厳しく注意するつもりである。
 15歳になれば、通学しながらアルバイト的な仕事をさせるつもりである。もう、このことは彼に言っており、彼もその気になっている。僕自身は親に甘やかされて育ってきたのに、息子に厳しくするのはちょっと可愛そうな気がするが、僕のようにならないためにも早くから社会を見ておいた方がいいと思っている。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.