移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/14)
5・19 魚の買出し

5・19 魚の買出し (2009/05/20)  今日は魚の買出しの日。新鮮な変わった魚が食べれると思うと、行く労力も大して億劫に感じなくなった。
 市場に行くと、今日は先週にくらべるといろんな魚がある。イワシ、すずき、マグロ、ブリ・・・・。ブリには2種類あり、青っぽい青ぶりと赤っぽい赤ブリがある。日本でも何種類かあるのだろうか? ブリは1キロ24レアルほどであったが、結構大きく、残念ながら買えなかった。小さめのスズキがあったので、そちらを買うことにした。1キロ13レアル。2匹買って、1匹は刺身用にしてもらう。いつも応対してくれるおじさんがいまいち愛想がない。売り子のお姉さんに聞くと今日は機嫌が悪いらしい。あまり刺激しないように、そそくさにその場を去る。
 もう一軒の日系人経営の魚屋にいくと、スケソウダラがあったので鍋ように買おうかと思ったら、すぐ横に金目鯛のような赤い魚があったのでそちらを買う。中くらいのブリがあったので買いたかったが、既にいろいろ買っていたので諦めた。日系の兄ちゃんによると赤ブリの方がおいしいとのことであった。随分、流暢な日本語を喋るので日本にいっていたのだろうか?この店は先の店に比べると少し高いが、この兄ちゃんが愛想がいいので時々買い物をする。来週はブリを買おう!
 家に帰って早速、イワシを3枚におろし酢漬けにし、2,3匹刺身で食べる。先週のものより新鮮でおいしかった。毎週、魚を買うようになって魚の切り方も大分うまくなってきた。最初は1時間ほどかかっていた3枚オロシも30分ほどでできるようになり、刺身も少しは刺身らしく切れるようになってきた。皿に盛った刺身をみながら、独り悦にいった。スズキは新鮮で身がしまっており非常においしいものであった。
 息子にも勧めたが、レストランでは食べるくせに、一切食べようとしないのが腹立たしい。今週はテスト週間らしいので、おなかでも壊されると困る。結局、無理には食べさせなかった。赤目鯛もどきは刺身は身が柔らかくておいしくなかったが、焼き魚にすると最高であった。来週は、もしブリが安くなかったら、これをちょっと大目に買おうと思っている。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.