移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/22)
11・5 ヒメイチ [画像を表示]

11・5 ヒメイチ (2009/11/06) 魚ケースの中を見ると、いつもあるイワシがない。がっかりしていると「この赤い魚はエビみたいな味がしておいしいよ!」と、すっかり馴染みになったベッチさんが教えてくれた。エビの味をした魚? いったいどんな味がするのだろう。とりあえず1キロ購入、さらに小ぶりのブリがあったのでそれも購入。
「日本ではヒメイチっと言って高級魚だよ。なすびと一緒に煮つけたり、フライにするとおいしいよ」といつも魚をさばいてくれる日本人のおじさんが教えてくれる。このおじさんは、気難しいおじさんで、機嫌が悪いと話しかけてもくれないが、機嫌がいい時は、親切にあれやこれやと教えてくれる。このおじさんの板前さん的な偏屈なところが僕は結構好きである。
 胸のポケットから黄色いお札を出した。50レアル札かと思っていたお札は20レアル札で一瞬お金が足りるか焦った。そういえば昨日、日本食品店でいろいろ買い物をした。よく確かめてくればよかった・・・。合計22レアルでズボンの小銭を足してなんとか間に合った。これで今日はもう魚を買えない。他の魚屋でイワシを買おうと思っていたので残念だ。
 さっそく家に帰ってヒメイチを検索してみた。なんと高知でよく取れる魚らしい。「昔は安い魚であったが今は高級魚となっている。くせのない味で、塩焼きや干物に適しており、姿ずしや押しずしにする」とあった。そういえば、干物屋でこの赤い小さな魚を見たような気もする。
 食べたこともあるような気もするが、味はまったく覚えがない。なんとなくい赤い色が気にかかったのは、どこかで見たことがあったせいだろう。高知をなつかしみながら、食べてみようと思っている。

DSC_2381.jpg
ヒメイチ。どこかで見たような気がしていたが、実は高知でよく取れる魚であった。

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.