移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/03/28)
11・18 気の緩み [画像を表示]

11・18 気の緩み (2009/11/19) 朝の散歩をするときから、頭がズキンズキンと痛かった。アレッ、どうしたのだろうと思いながら散歩を終えた。なんとなく体の内が熱い感じがするので、久しぶりに血圧を測ってみた。おお、上が150、下が100もあるではないか! 薬を飲み始めてからずっと125、85の値で落ち着いていたので驚いた。最近、食べ物もさほど気をつけていなかったし、眠れない日もあった。そのせいかもしれない。ゲゲ、これはまずい! あの血圧が高く、妙に熱っぽく、気分がさっぱりしない辛い日々のことが頭に浮かんだ。
 結局、今日は1日家でひっそり籠ることにする。姉や父が脳血栓で倒れ、その後遺症に悩まされていのを見ているので、その辛さは十分しっている。姉からも「気分が悪かったり、頭が痛い時には決して無理をしてはだめよ」と口が酸っぱくなるほど言われていた。
 外はカンカン照りで、青空が広がるいかのも暑そうな天気である。それにもかかわらず、少し肌寒い。いったいどうしたのだろう。そういえば、パンツ1枚で寝ていて、早朝に寒くて目が覚めた。風邪をひいてしまったのかもしれない。結局、ほぼ1日家に籠っていたが、夕方には家の中にずっといるのがつらくなり、気分も幾分よくなってきたので、友人と夕飯を食べに行く。昼は食欲がなくほとんど何も食べなかったが、食欲も回復したようでたくさん食べることができた。
 ちょっと血圧を気にしすぎているような感じもするが、すぐ気を緩めて、塩辛いモノを食べたり、散歩をしなくなるから、僕にはこれくらいの方が良いかな、という気もする。

DSC_2605.jpg
セントロの古いビル街。毎日毎日写真を撮りながら歩くのは時にはいやになるが、行けないとなると辛い。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.