移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/04)
11・22 息子とサッカー

11・22 息子とサッカー (2009/11/23)  もう、ブラジルに来て、十数年になるが、サッカーにはそれほど興味を持てない。サッカー場に行ったのも、取材で行った2回のみである。だから、どうしてこれほどまで、ブラジル人がサッカーに熱狂するのかいまいち理解できない。
 ブラジル杯がそろそろ終盤に突入し、盛り上がってきている。今日は、リオのフラメンゴとサンパウロのサンパウロFCの試合があった。いつの間にか息子もサッカーファンになり、夕飯そちのけで、テレビを見ている。いつからこんな風になったのだろう? 僕が気がつかないうちに、サッカーをするようになり、気がつくとサッカーの試合に熱狂するようになっていた。
 僕が、サッカーには興味がないので、サッカーボールを買ってやったこともないし、遊んでやったこともない。そのせいか、息子はサッカーが下手で、学校の、体育でのサッカーの試合ではいつもゴールキーパーだったらしい。息子は紙でボールを作り、家でいつも蹴りの練習をしていた。最近は少しはうまくなったのか、キーパーをしているという話は聞かなくなった。ブラジル人の家庭では、子どもたちは、サッカーボールを成長の過程で一度は買ってもらっているし、父親とボール蹴りをして遊ぶのが普通である。ちょうど、僕の世代の日本の人々がキャッチボールを父親としたような感じである。
 テレビでサッカーの試合を時折興奮して声を上げながら見ている息子を見ていて、やっぱりブラジル人だな、とつくづく思ってしまった。
 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.