移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/17)
12・14クリスマスプレゼント [画像を表示]

12・14クリスマスプレゼント (2009/12/16) クリスマスが近づき、おもちゃやさんや、スーパーでは、プレゼントを買い求める人々であふれている。友人の、5歳の娘にお人形さんのプレゼントをあげる約束をしたので、25・デ・マルソのおもちゃ屋さんに行った。
 5歳ぐらいまでの女の子のプレゼントの定番は、お人形さんのようで、値段もピンキリでさまざまなものがある。30レアル(1500円)も出せば40センチほどの結構大きなモノが買えるが、意外にかわいいものがない。ツルツル頭の、赤ちゃん人形、しかっめ面の人形、驚いたのは、肌が白いモノだけでなく褐色の人形があったことだ。聞くと、褐色の肌の女の子が、この色の人形を好むらしい。そすするとアフリカで売られている人形さんは褐色のものなのか??
 どうせあげるのなら、かわいいモノをあげたい、できれば値段は30レアルほどで。何度も見るが、かわいいな、と思ったものは、どれも50レアルほどする。安いモノは、どうやって見ても可愛くない。中にはまるでホラー映画に出てくるような憎々しい顔のものもある。こんなのが本当に売れるのだろうか? 結局、40センチほどの大きさで29レアルでそこそこのかわいさのものがあったので、購入することした。
 息子はすっかり大きくなり、欲しいものはゲームになってしまった。ブラジルで買うと高いので、日本に行ったときに買うことにしている。だから、誕生日やクリスマスにはなにもあげない。小さい頃に、いろんな人形を買ってやったが、あげたその日のうちに壊れてしまうということがしょっちゅうであった。息子も、ブラジルのおもちゃが壊れやすいということをよく知っているから、いつのころからかねだることはなくなった。
 友人の娘が、この人形を気に入っくれればいいのだが。

IMG_0184.jpg
5歳までの女の子はお人形、男の子は、車のおもちゃが人気。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.