移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/10/18)
12・24 ファベーラ付近のクリスマスイブ [全画像を表示]

12・24 ファベーラ付近のクリスマスイブ (2009/12/25) サンパウロ近郊の知人宅に御呼ばれし、クリスマス・イブの夜を楽しんだ。テーブルには七面鳥の丸焼き、豚のスペアーリブ、鱈料理、そしてお寿司、サーモンの刺身などが所狭しと並び、久しぶりにおいしいものを食べた、という充実感を味わった。特に料理上手のお母さんが作った、豚のスペアーリブは絶妙な味付けで、ついつい食べ過ぎてしまった。
 知人のNさん宅は、ファベーラのまじかにあるせいか、周囲の喧噪はなかなか凄かった。花火や爆竹はバンバン、パンパンあちこちでならされ、大音響で音楽を鳴らしながら走り回る車まである。つい30年ほど前は、周りは見渡す限りの畑だったそうであるが、サンパウロの町が発展し大きくなるにつれ、あれよあれよ、と言う間に周囲はファベーラ化していったらしい。
 そして、帰り道。いるわ、いるわ、湧き出るように人がぶらぶらと道路を歩いているし、バールや玉突き場では電気が煌々とつき客がいる。車もいっぱい走っている。いったいどこにいくのだろう。クリスマスは家で静かに過ごすモノだと、思っていたが、どうやらこの辺の人たちは違うらしい。
 僕の住むセントロ近くになると次第に車も人も少なくなり、妙な寂しい雰囲気さえ漂っている。所違えば、人ももずいぶんと変わるものである。

DSC_3727.jpg
サンパウロの町にはいたるところでサンタが見受けられる。
黒い肌のサンタや女性のサンタまでいて、さすが何でもアリのブラジル。

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.