移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/04)
1・1良い年の予感 [画像を表示]

1・1良い年の予感 (2010/01/02) 新年そうそう、朝から霧雨だった。
 アズミ(雌犬)が、散歩に連れて行ってくれ、とクウクウ鳴いてしつこく起こしにきたが、無視を決め込んで7時30分まで寝ることにする。アズミのおかげで、目覚まし時計は必要なくなったが、晴れでも雨でも天候にかかわらず毎日6時近くになると起こしにくるのが、少々煩わしい。雨の日には起こしにくるのを遅くしてくれれば助かるのだが・・・、さすがに文句を言ってもわかるわけもない。それでも、最近は大声で、「雨が降っているから、今日はいかない」と宣言すると、しつこく何回も起こしに来なくなった。アズミは覚えるのは遅いが、一度覚えると、きちんと続けてくれる。それにひきかえニンジャ(雄犬)は覚えるのは早いが、気分屋なところがあって、解っていてもわざと無視するときが多い。
 小さい頃から、母親に「元旦は、怒ったり、機嫌悪くしないで、気持ちよくむかえなきゃダメヨ。1年の始めなのだから」と毎年口が酸っぱくなるほど言われていた。小さい頃は、そんなことをいくら言われても、我儘放題で怒ったり、泣いたり、母を困らせていたような気がする。いつも直感で行動する僕は、年をとるにつれゲンを担ぐようになり、元旦や、モノの始めを非常に大切にするようになってきた。
 今日は朝の散歩が流れてしまったが、7時半には起きて、ブログを書き、オジヤを作って朝ごはんを食べ、気持ち良い朝を送ることができた。「なかなかいいじゃん」一人でほくそ笑む。もっとも、息子も彼女もしばらく旅行中だし、この頃はあまり友人、知人に会わないから、腹が立つこともそんなにない。
 去年は体調が悪かったし、仕事も最低であった。「いい年」になる、する、と自分を暗示にかけてでも、今年は良い年にしたいと思っているし、今年は、なんかいいことがありそうな気がする。いい年になりそうな予感がある。

DSC_0990.jpg
あけましておめでとうございます。
今年はいつも幸せな気分を感じながらやっていきたいと思っています。
今年もよろしくお願いいたします


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.