移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/10/28)
1・29 人間関係 [画像を表示]

1・29 人間関係 (2010/01/30)  日本から来た沖縄の人と話していて、沖縄県人の結束の固さ、結びつきの強さに驚かされた。
 沖縄県人の多いカンポグランジで、沖縄県人が経営する食堂で食事をして、彼が沖縄県人と解るとお金を一切とろうとしなかったらしいし、サンパウロに来たときには、身も知らずの沖縄の人が歓待してくれたらしい。彼自身もあまりに沖縄県人がよくしてくれるので驚いていた。
 僕は高知県人であるが、県人会には一度も顔をだしたことがない。知事が日本からきた、行事がある、という度に呼びつけられるのが嫌だし、一度県人会関係で嫌な眼にあって、輪をかけて嫌になった。大学の集まりなんかもどうようである。そんなことを考えていると、僕はやっぱりひねくれものなのだなー、とつくづく思う。自分自身でどんどん活動の幅を狭めていることは解っているのだが、無理に参加してもストレスが溜まるだけだし、同席する人たちを不快にするくらいなら、参加しない方がよいと思っている。
 それでも、個人的に高知出身者との付き合いはあり、いろいろお世話になったりしている。やはり、集団、団体の中に入ったり、つきあったりするのが苦手なのだ。
 最近年をとってますます、頑固になってきたような気がする。意固地にならず、川の流れのようにさらさらと、臨機応変にやっていきたいと思っているのだが、そうはなかなかいかないようで、いろんなところにガツガツぶつかっては、腹を立てることが多い。ほとんど人間関係はないような生活ではあるが、それでも人との付き合い、人の中で生活することは難しい、と思う。

DSC_3671.jpg
最近、仕事で人との出会いの楽しさ、喜びを再認識した。でも、相変わらずやっぱり苦手ではある


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.