移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/03/28)
4・21 レコード祭り [画像を表示]

4・21 レコード祭り (2010/04/22)  初めて、レコード祭りなるモノに行く。市内のレコード店が集まって出店しているらしい。50店ほどが、ビルの廊下を利用した会場に出ていた。来ているお客は90%、35歳以上の男性。若い女性がいると目立って、ついつい見てしまう、そんな感じである。
 友人に古いレコードプレーヤーを安く売ってもらい、ちょっとレコードでも、と思ったのが、ここに来たきっかけである。僕が青春時代に聞いたクイーンやビートルズなどのレコードを見て、あの頃の制御できない熱さがかすかに蘇ってきたような気がした。当時は、お小遣いを貯めてLP盤をやっとの思いで買ったものだ。そういえば、FM局で渋谷陽一の番組をよく聞いたが、彼はまだ健在なのであろうか? 本当にあの頃は自分にとって暗い時代であった。30数年前の遠い思い出・・・・。
 ブラジル音楽の軽い曲を聞きたかった。まったく解らないままに一番安い4,5レアル(2,300円)のレコードを2枚買ってかえった。プレーヤーにレコードをセットしスイッチを入れると、電源が入ったことを示す赤いマークは点灯するが、うんともすんとも言わない。どうやらテーブルを回すゴムが伸びてしまっているようだ。残念。直しにいくのも面倒くさいな~、そう思いながらあきらめてしまった。
 それにしても、高校時代から、はや、30年である。自分では、あの頃と気持ちの上では、そんなに変わっていないつもりであるが、あの当時の知人から見たら、驚くほど変わってしまっているのだろうな、そう思うとちょっと寂しい。 

DSC_5704.jpg
僕にはその気持ちがわからないが、レコードにハマるとどうしようもないほど病みつきになるらしい


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.