移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/09)
7・26 タイミング [画像を表示]

7・26 タイミング (2010/07/27) 同じ棟に住む、僕の嫌いなおじいさんとエレベーターに乗り合わせた。いつもは、できるだけ避けて、同じエレベーターに乗り合わせそうな時は、他のエレベーターを使うようにしていた。ところが何故か、今日は一緒になってしまった。久しぶりに見るアラブ系の、いかにも意地悪そうなおじいさんは、以前と比べ憔悴した元気のない顔をしていた。
 理由はないのだが、彼の顔を見ているとなんとなく話しかけてみる気になった。どうしてそういう気になったのか自分でも解らない。
「最近、奥さんをみないけどお元気ですか?」
 彼には、彼以上に意地悪そうな顔をした奥さんがいた。うちの彼女に言わせると、顔どうよう嫌な感じの女性だったらしい。しかし、僕には愛想がよかった。
彼の顔が曇り、一瞬目がうるんだ。
「家内は死んだんだよ。今日がちょうど1周忌さ」
「・・・・、ごめんなさい。知らずに聞いてしまって」
 僕の感じでは、ついこの間彼女に会ったような感じがしていて、しばらく見えないな、くらいにしか思っていなかったのだ。死んだなんて思いもよらなかった。
「俺一人になってしまった。もうどうしようもないな」
 体中から寂しさが噴出し、ヘナヘナと萎んで行きそうであった
 何を言ったらいいか解らず返答に困った。
 あまりにもタイミングが良すぎる。僕はこういうことが本当に多い。人が困っている時や、悲しんでいるときに、メールや電話をタイミングよく出すことが多いのだ。もちろん、喜んでいるときもあるが、印象に残って覚えているのは、どちらかといえば、反対のときである。
 今日も、奥さんの1周忌、その日にこのおじいさんに声をかけるなんて、あまりにもタイミングが遭いすぎる。あの、いかにも憎々しげだったおじいさんが、しぼんだようになってしまったのを見るのは僕も悲しかった。なんと慰めの声をかけていいのやら、解らなかった。
「じゃあ、またね、気を落とさないでね」エレベーターを下りて行く彼の寂しげな背に言うのがやっとであった。
 もし次、遭うことがあったら、もっと優しく声をかけてあげよう。なんとか寂しさを紛らわしてあげたい、と思った。あの頃の脂ぎった、憎々しげなおじいさんに戻ってもらいたい。

DSC_7903.jpg
家族のありがたみを知る機会が少しずつ増えてきた。でも、もう遅い?!


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.