移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/08)
10・16息子の成長

10・16息子の成長 (2010/10/17) どうやら、息子に身長を抜かれたようである。8月ごろまでは、わずかに、僕の方が高い感じであったが、最近一緒に歩くときなどに横目で目の位置などを見比べると、なんとなく向こうが高いようなのである。僕自身165センチほどしかないから、どちらにしろ抜かれるとは思っていたのだが、いざ抜かれると「ついに抜かれてしまったのか」、と残念なような、悔しいような、うれしいような、複雑な気分である。
 やっぱり息子の成長を素直に喜ぶべきなのだろう。もうすこし大人の父親にならなければならない、とは思うのだが、父親としての意識が少ないのか、なんとなく悔しい。「とても子供がいるような感じはありませんね」ときどき人にいわれるのも、ずっと我侭放題に暮らしてきて、父親としての意識がかけているからだろう。
 息子の成長をずっと柱につけてきた。以前はしょっちゅう、つけてくれと、せがんできたが、僕に遠慮してか最近は言わなくなった。もし、そうだとしたら、彼は僕なんかよりもずっと大人なのかもしれない。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.