移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/03)
1・9 ライチ [画像を表示]

1・9 ライチ (2011/01/10)  1パック5レアルと高かったライチが、やっと3レアルになり、今年初めてライチを食べた。白くて上品な甘さは、楊貴妃が好んで食べたというのも納得がいく。
 僕が初めて、ライチを食べたのは、横浜の中華街だったと思う。冷凍のライチで、1個100円くらいしたような気がする。当時は高知のような田舎では食べることができなかった。たった1個のライチであったが、今まで口にしたことのない、上品な味にびっくりした。それが、今では1パック150円ほどで、心行くまで食べられるのだから、それも生の新鮮なものを! 贅沢な話である。息子もライチがすっかり気に入り、ライチを見ると、買ってくれとせがむが、出始めは高いからもう少し待て、と去年言ったようなことを覚えている。
 今では、リベルダーデ(東洋人街)から、ライチはどんどんブラジル人の間にも広がり、スーパーや日曜市でも購入することができるようになった。もっとも、値段は倍ほどするし、半分腐りかけのようなものが多くちょっと買えたものではないが・・・・

DSC_4764.jpg
たわわに実ったライチ。サンパウロ近郊でたくさん作られるようになった


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.