移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/05)
1・31 ブラジルの生活 [画像を表示]

1・31 ブラジルの生活 (2011/02/01) リオから帰って久しぶりにサンパウロのセントロを歩いて見る。リオに比べカメロー(路上販売者)が少ない。それだけサンパウロでは、厳しく取り締まられているのだ。いつも買い物をする、ジレイタ通りに行ってみるが、2,3人のカメローが居る程度である。
 勿論、税金を払わずに、商売をすることは、法律的に悪いことではあるが、すべて完全に取り締まってしまうと、カメローをやっていた貧しい人々は生活する術がなくなってしまう。少しは生きる道を作ってあげないと、こうした人々は、泥棒になって治安はどんどん悪くなる。
 ブラジルの面白いところは、いくらお金を持っていても、なかなか自由に使えないところだ。いい車に乗っていい服を着ていると襲われやすくなるし、高級アパートに住んでいくら警備をしっかりしても強盗団に襲われる。ある意味、皆ほぼ平等なのだ。
 持ちすぎても、襲われないようにするためにストレスがかかるし、貧乏でも毎日の生活の心配でストレスがかかる。結局、金持ちでも、貧乏でもない、中くらいよりちょっと上くらいが一番住み易いと、ブラジルに住んでいるとつくづく思う。

DSC_1574.jpg
今のちょっと貧乏くらいが一番いいのだろうとは思うのだが、新しいレンズもほしいし、コンピュータもほしい。まだまだ人間」ができていない私


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.