移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/06)
2・21 暴風雨 [全画像を表示]

2・21 暴風雨 (2011/02/22) とにかく凄い暴風雨であった。
 雨がポツリポツリと降り出し、ちょっと危ないかなと思いながら出かけた矢先であった。もう目的地につくというところで、急激に風が吹き始め、大粒の雨が降り始めた。
 そういえば、寝室の窓を閉めてきただろうか? 雨宿りをしながらふと気にかかった。息子が家にいるかもと思い電話するがでない。昼からYMCAに行くと言っていたから、もう出かけたのであろう。寝室にはコンピュータがある。この暴風雨なら、濡れてダメになる可能性が大である。今から帰っても遅い気はしたが、とりあえず帰ることにした。
 ものすごい風で横断歩道を渡るときに、それこそ吹き飛ばされそうな感じさえある。叩きつけるような雨風によってものの5分もあるかない間に服はびしょびしょである。道は川状態で靴の中は水でバコバコである。
 歩行者は店や軒下に避難して、雨の状態を不安気に見ている。そんな中を独り水を蹴散らしながら、大急ぎで歩きに歩きやっとアパートについた。幸いなことに窓は閉められており、被害はなかったので、ほっと胸をなでおろした。
 しかし、凄い雨である。それも雷を伴う叩きつけるよな強烈さである。窓から見ていると、あっという間に9・デ・ジュリオ通りは浸水し車が通れなくなってしまった。ほんの2時間ほどの大雨であったが、あっという間に町の機能をストップしてしまった。自然の力は凄い。改めて実感してしまった。

DSC_4286.jpg
雨で霧がかかったよう。

DSC_4287.jpg
いたる所で街路樹が倒れていた

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.