移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/06)
3・21 ピラニアスープ [画像を表示]

3・21 ピラニアスープ (2011/03/22) メルカードに買出しに行くと、今日は魚が少ない。聞くと、これから冬になるに連れて、ますます少なくなり、高くなるとのこと。それでは、と思い、淡水魚の魚屋にいくと、まあまあの鮮度のピラニアがあった。聞くとパンタナールから来ているという。色は確かに黄色く、一見ジャイアントイエローピラニアに見えるが別の種。ジャイアントはもっと頭が丸っこい。それを指摘すると、「よくしっているね~」と感心されてしまった。とにかく知らないとなると傘にかかって売りつけようとする奴がいるから、ある程度こちらも知っていることを示しておくのは得策なのである。
 結局2匹買い込みスープの作り方をいつも行く魚屋の絶倫兄ちゃんに聞いてみた。僕は野性味たっぷりのピラニアスープが大好きで、パンタナールに行くと、かならず飲むようにしている。以前メルカードでピラニアをみかけたので、買ってスープを作ってみたが、なかなか魚臭さが抜けずパンタナールで飲むおいしいスープには程遠かった。それからピラニアには手を出していなかったのだ。
「ポッキ(勃起)するよ~」いやらしそうな顔で兄ちゃんはにーっと笑う。ピラニア特にジャイアントイエローは脂が多く、精力剤として効き目があるといわれている。初めは僕も冗談だと思っていたが、パンタナールで飲んだ翌日、困った経験がある。脂にその効力があるのではないかといわれている。
「まず、3リットルの水にピラニアを入れて、1リットルになるまでコトコトにるんだ。ニンニクと白ゴマの油とデンデ油を2匙入れるといいよ。もうポッキポッキだよ」多分、彼はなんども作ったことがあるのだろう。事細かに説明してくれる。
「どこで買ったの?」「あの角の店」「あそこだったら大丈夫だよ」中には冷凍モノで1年以上前の魚を出している店もあるらしい。多分以前買ったのは古くて、臭いが抜けなかったのだろう。とはいいつつも、今日のモノもそんなに新しいとは思えない。
 最近日本の震災などで、ちょっと落ち込んでいたので、ピラニアスープを飲んで精力をつけようと思っている。

DSC_6301.jpg
1キロ約500円。決して安い魚ではない。黄色の魚がピラニア、隣はティラピア。

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.