移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/19)
3・24 お酒のおいしさ [画像を表示]

3・24 お酒のおいしさ (2011/03/25) 寒くなりそうで寒くならない、変な感じの日が続いている。これくらいの暑さだとすごし易くありがたいが、この天気もいつまで続くやら・・・・。
 最近、夕飯に飲む1杯のワインで結構酔っ払ってしまう。そのまま、マンガを読みながらバタンキュー状態が続いている。
 学生時代は、しばしばで泥酔するまで飲み、超酒癖が悪かった。数え切れないほどの失敗を繰り返し、多大な友人知人に迷惑をかけてしまった。時にが面白がって、お酒を薦めてくれる人もいたが、そういう人もその後一緒に飲む機会があると「あんまり飲まないほうがいいよ」と抑えてくれる始末である。
 それほど飲んでいた僕が、ほとんど酒を飲まなくなった。ひとつには身体にあわなくなったこと、もうひとつは高血圧から健康を害して飲まないようにしていることがある。もともとお酒を好きで飲んでいたわけではないから、飲まなくても辛いと思うことはなかった。たぶん、飲み屋の雰囲気と友達と一緒に飲むという行為が好きだったのだと思う。
 それでも、最近毎日夕飯時に1杯のワインを飲むようになった。その日の体調によるのか、日によっては1杯のワインでさえ飲むのに苦労するときもあれば、おいしく感じながら飲むときもある。ただ、あくまでも健康のためで、自分からお酒を飲みたい、とはまったく思わない。
 父は本当にお酒が好きな人で、糖尿病を患って、お酒を止められていたにもかかわらず、しょっちゅう隠れて、ワンカップ酒を買っては飲んでいた。父の唯一の楽しみが、お酒だとしっていたので何もいわなかった。何故そこまで好きになるのか、お酒のおいしさが未だに僕にはわからない。多分これからも解ることはないだろう。そう、思うとちょっと残念である。

DSC_3157.jpg
南ブラジルに行ったときは、行ったワイナリーすべてで試飲してすっかり酔っ払ってしまった。年によってワインによってこんなに味が違うとは思わなかった


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.