移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/20)
5・6 ストレス

5・6 ストレス (2011/05/07) 時折、ブラジル人のマナーの悪さには苛立たされる。
 メトロの構内で列車を列に並んで待っていても、横から入り込んできて、2度も列車を逃してしまったことがある。こういうことを平気でするのは、女性が多い。
 混雑した列車の中で、壁に背をもたれかけて、足を前に出している奴。 足を踏んでやろうかと思ったがぐっと我慢をした。今度こういう奴がいれば、わざと足をふんでやろう、と思っている。
 人が前から歩いてきているのが解っているのに、べちゃべちゃ話しに夢中になって数人で道一杯になって歩き、道をあけようともしない奴等。こういう奴等には僕も道を譲らないで、相手が譲るまで歩き続ける。ヘタをするとぶつかるが、たいていはノソノソと直前に道を開ける。
 お釣りに小銭ばかりで渡してくる奴。さすがに日本では5円玉で10枚以上のお釣りを渡してくる奴はいないだろう。「小銭は嫌だ」というと、「同じおかねだろう」と言ってきたので「じゃあ、あんたが持ってろよ!」と言うと、しぶしぶ取り替えた。 
 本当はこんな些細なことを気にしていると、ストレスがたまった生活していけい、気にせず軽く流していけばいいのである。自分でもそう思う。しかし、気分や状態が悪いと、気持ちがささくれだっており、こうしたことがそのササクレにひかかってしまう。つまり人間がまだまだ青く、できていないのである。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.