移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/02)
6・7 暮らしにくい国

6・7 暮らしにくい国 (2011/06/08) 普段、よく買い物をする日本食品店の会計の日系人女性に
「お客様(こんなに丁寧に言われるとこちらがはずかしい)、最近ピンクのインクがついたお札は使えないので気をつけた方がいいですよ」
 彼女とは大分前からの顔見知りで、何度か話したことがあった。なかなか気のいい、ちょっと寂しげな顔をした小柄な女性で、日本にも出稼ぎに行ったことがあるという。彼女は気を利かして注意してくれたのだ。
 最近、銀行のATMの盗難多い。火薬で爆発させてお金をとりだすらしい。銀行側も度重なる盗難の対抗手段として、お金を無理に取り出そうとすると、ピンクのインキがお札にかかるようにしているところが多い。今までは、このピンクのインクのかかったお札でも、銀行にいけば、取り替えていた? らしいが、先日から偽札扱いになり取替えないことになったのだ。
 ブラジルは景気がいい、と言われているが、実際は市民の6割が借金があるらしいし、インフレが再燃しはじめ確実に治安は悪くなっている。今のサンパウロは日本の人が来たらびっくりするほどいろんなモノが高くなっている。中流以下の僕のような庶民にはどんどん暮らしにくい国になってきている。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.