移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/03)
6・10 災害 [画像を表示]

6・10 災害 (2011/06/10) 「サバイバル」という、さいとうたかおのマンガを読んでいる。ちょうど僕が、中学生の頃のマンガだったと思うから、20年以上前のモノである。地震で日本のいたるところが海中に沈んでしまい、ひとりの少年が生き残り、サバイバル生活をしながらも逞しく成長していくと言うストーリーである。読んでいて全然古い感じがしないのは、今の日本で実際起きても全然おかしくない状態だからだろう。
 南米でも、チリのプジェウエ火山が4日に噴火し、近隣の国では飛行機が欠航している。噴煙の影響でブラジルでも南の空港が使えない状態だ。こんな災害のことをニュースで見ていると、ブラジルには地震がないといわれているが本当なのだろうか?とちょっと不安になる。
 もし、ブラジルで地震が起きたら、そんなことは考えるだけでも恐ろしい。最近でこそ、鉄筋の頑丈な高層ビルが建っているが、以前はレンガを積み合わせただけの建物がほとんどであった。さらに手抜きの建物が多いことも心配である。今までもリオやレシフェの高層アパートが建設の手抜きから全壊したこともある。震災に人災が加わり、もし地震がおきたら、ドミノ倒し状態で建物は倒れていくだろう。
 世界中で災害がおきてもおかしくない状態だけに、地震がないといわれているブラジルでも恐ろしい。

DSC_2187.jpg
サンパウロ近郊では不動産バブルでと高層ビルが建築ラッシュ。多分、地震のことなど何も考えていない? だろう


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.