移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/11)
12・23 亀の産卵 [画像を表示]

12・23 亀の産卵 (2011/12/24) 家に帰って、魚を見ていると、机の上に卵があった。?????。ちょうど、地鶏の卵ほどの大きさである。果てこれは? 考え当たるのは陸亀の卵である。しかし、何故机の上に? 亀が机の上に上がるはずはないし・・・。
 犬たちがきれいになっていたので、息子が犬たちを洗いにきたことが解った。さらに、犬たちの布団を見ると、卵の殻が散乱し卵白が光っている。それから推測すると、亀が産卵し、何個かは犬たちが食べてしまったものの、なんとか食べられずに残った卵を息子が机の上においたのだろう。
 まったく亀がせっかく産んだ卵を食べるなんてなんて犬たちなのだろう。多分、こういうことに目ざといニンジャの仕業であろう。バレーの練習から帰った息子に聞くと、4,5個卵はあったそうだ。
 この亀は、友人のインディオから、幸運が授かりますように、と、かれこれ17,8年前にもらったものであった。ちょうど今朝家を出る前に、2匹の亀が交尾をしているのを見て、がんばるな~、と思っていたばかりであった。
 アパートで飼っているのだが、自由気ままに放し飼いをしているので、それが良かったのかもしれない。卵を産んでくれるとは思いもよらなかったので嬉しかった。運が悪かったのは犬たちに産卵現場を見つかったことだ。それでも1個食べられずに残っているので、大切に羽化を待ってみようと思っている。しかしなんとなく無精卵のような感じがするのが少し気にかかる。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.