移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/03)
2・16 カメラの目

2・16 カメラの目 (2012/02/16) ニュースを見ていると、道路や店、アパートに取り付けられているビデオカメラで映された映像が流れることが多くなった。多分、驚くほどいたる所にカメラが取り付けられているのだろう。この映像のおかげで、犯人の特定が楽になったという。
 なんという名前の映画か忘れたが、町に備え付けられたカメラで犯人を追いかけるというシーンがあった。こんな世界は、自分には程遠い世界と思っていたが、実は身近なことであったのだ。ヘタをすると、僕の動きもアパートを出た所からずっと見られているのかもしれない。そうー思うとちょっとぞっとする。個人の秘密なんてものは、今後どんどん無くなり、すべて管理される社会に確実に向かっている。
 実際、アパートのエレベーター、出口を含め、あらゆる要所要所にビデオカメラがそなえつけられているし、ときどき道路にそなえつけられているのも見る。ブラジルでさえこうであるから、アメリカやイギリスはもっと凄いのだろう。映画の中の世界が実際に存在するのではないだろうか。日本に行ったときはそれほど、カメラの目を感じなかったが、やはり日本もあらゆる所に設置されているのだろうか? このまま行くと、マンガや映画でみた巨大コンピューターに牛耳られる社会の出現もあながち遠い将来ではないのかもしれない


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.