移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/06)
3・22 最近の治安

3・22 最近の治安 (2012/03/23) この頃また、強盗に遭ったという話を周囲で聞くようになった。「治安の悪さは今はじまったことじゃないし、昔から、かわんないよ」と言う人もいる。たしかにその通りかもしれないが、一時期、周囲で盗まれたという話を聞かなかっただけに、ここ最近の話を聞くと、治安が悪くなったような感じがする。
 知人の大学に通う女性は、銀行の自動支払機でお金をおろした後、バスのに乗ったところ、お金をはじめ、クレジットカード3枚などほとんど取られてしまったという。運悪く、バスには他に乗客がいなかったらしい。車掌にしらせようにも銃をつきつけられ何もできなかったらしい。3枚もクレジットカードを持ち歩くこと事態が不用意な感じもするが・・・。すぐにカード会社に電話したらしいが、すでに使われた後だったらしい。
 さらに、知人の駐在員の話によると、リベルダーデの旅行社の換金所でお金をレアル化した後、途中用事を済ますためにビルに入ろうとしたところを強盗に襲われたという。二人連れで行動していたのにもかからずだ。さらに換金したお金はポケットをはいめ靴の中など5箇所に分けて隠していたのにもかかわらず、すべて強盗はある場所を言い当てて奪っていったという。もちろん銃をつきつけられ、言われるがままに渡すしかなかったらしい。旅行社を出たところからつけられていたのだろう。その旅行社の前には常に4人ほどの警備員がいるが、それは、旅行社が教われないためであって決してお客を守るためでない。
 あくまで憶測であるが5箇所に隠していた所をすべて言い当てられたということは、旅行社の中に強盗とつるんでいる奴がいて据付の防犯用のカメラで隠している所をみていたのだろう。僕もよく換金する旅行社だけに話を聞いて驚いた。他にも同じようにこの旅行社で換金後、後をつけられて襲われた人がいるという。
 僕はお金を持っているように見えるのか、毎日セントロを写真を撮りながら歩いているが、強盗に襲われたことはない。しかし自分のすぐちかくにも、こうした危険があるときくと怖いし、改めて気を引き締めた。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.