移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/23)
3・31 ポルトガル・パン [画像を表示]

3・31 ポルトガル・パン (2012/04/01)  以前、ブラジルに移民した人から、「パン・ポルトゲーザはうまいよ!」と聞いていた。それいらい、ずっとこの言葉が頭の隅に残っており、パン屋に行く機会があると探していた。
 老舗のパン屋で、もしかしたら、ここだったらあるかもしれないと思い聴いてみた。パン売り係りの娘は、あっさり「あるわよ」という。高知の地方出身の僕は、日本ではポルトガルパンなんて聞いたことも、見たこともなかった。いったい、どんなパンなのだろう!? 後ろにある棚の所まできて、これよ、と教えてくれた。それは、見かけはコッペパンのような30センチほどの大きなパンで、あまりおいしそうには見えない。ものは試しだからとりあえず買うことにした。1個5.6レアル。意外に高い。後ろの棚においているくらいだから、そんなに売れないのだろう。既に、ブラジル風フランスパンも買っていたので、ちょっと買いすぎた、と後悔した。
 ブラジルではいろんなパンがある。イタリアパン、フランスパン、アラブのパン・・・・。もちろん、どれも本場と比べると味や見掛けは随分違うのかもしれない。それでも、いろんな国の食べ物が食べられるということが嬉しい。でも、もしかしたら、日本では、もっと世界各国のパンが、それもよりおいしく、安く食べられるのかもしれない。
 家について早速パンを見てみると、非常に柔らかで、中はふわふわである。ほんのりと甘く、確かに、おいしい。これがアツアツのできたてだったらいけるだろう! 冬の寒い時期に、スープなどと食べたら最高だろう。今年の冬はひとつ楽しみができた。

DSC_2078.jpg
見かけはイマイチだが、意外においしい。本場でも同じようなモノなのだろうか?


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.