移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/08)
4・13 花祭り

4・13 花祭り (2012/04/15) 今年もまた、花祭りの季節がやってきた。サンパウロの仏教寺が主催?になって行うこの花祭りも今年で46年目を迎える。年々お稚児さんが少なくなっているのが残念だが、数人の、青い目金髪のお稚児さん、褐色の肌をしたお稚児さんがいるのを見ると、楽しくなってしまう。これぞブラジルの花祭り!なのである。しかし、お稚児さん姿はやっぱり、アジア系の子供が似合う。のっぺらとした顔に、細い目、そしてぼっちゃん刈り。最近時代小説を読んでいるせいか、江戸時代の幼い殿様のイメージとダブり写真を撮っていても面白い。
 今回、去年までの花祭りの大きな違いは、駐在員の両親が多かったことだ。駐在員の子供達が多く通う幼稚園が、式典で歌を披露した。そのときには、数十人の父親、母親がカメラやビデオを手に手に一斉に自分の子供達を撮影していた。よく、有名人に群がるカメラマンのレンズ郡というのが報道されるが、大型のカメラやレンズは少ないものの、駐在員の両親達の様子はそれそのもので、思わず「凄~」とつぶやいてしまったほどだ。これだけたくさんの幼い子供達を持つ駐在員がいるということは、今サンパウロにいる駐在員は相当な数になるだろう。
 今年の花祭りはまた違った意味で楽しめた。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.