移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/05)
5・13クラッ

5・13クラッ (2012/05/14) 人と話していてクラッと感じた。気のせいか? と思ったが、それから数分後、再びクラッと感じたので、これは眩暈だと解った。そのとき、いや~な思い出が頭をかすめた。
 3年前にも同じような眩暈を感じたことがあった。しかし、そのときは今回よりも強く長かったが、今回のものは自分でもそれが眩暈かどうかも解らないようなものだった。前回は、3時間後に強いぐるぐる回転するような眩暈に襲われ、たっていることもできず、吐きけがとまらなかった。すぐ病院に担ぎ込まれ治るには治ったが、その1カ月後に同じような眩暈に襲われ再び病院に担ぎ込まれた。その後1週間は起き上がれなかった。
 ネットで調べた所、三半規管の奇病メニエル病に症状が似ていた。僕のサイトを見た人が、耳の中の平衡感覚をつかさどる骨がずれたのではないかと教えてくれた。耳鼻科に行って、簡単な検査をしたが、それらしき症状がでず、結局、原因不明となってしまった。しかし、それから1年くらいの間、飛行機に乗ると、鼓膜が破れるのではないかと思われるほどいたくなった。耳に問題があったことは確かなようだ。
 今でも年に1,2回ちょっとした眩暈が起こることはあるが、あれからひどい眩暈は1度も起きていない。あのときの病院に担ぎ込まれた時の苦しさは2度と味わいたくない。そのために、毎日、散歩をしているし、食事に気を使い、決して無理をしなくなった。
 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.