移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/13)
5・23 通りの裸体像 [全画像を表示]

5・23 通りの裸体像 (2012/05/23) よく通る道路の真ん中に、男の裸体の像が出現した。面白い、と思い写真を撮った後、ふと見上げると、なんと数十m先のビルの屋上に同じ像があるではないか! さらに数十m先のビルの屋上にもあった。
 これは何か意味があるのだろうか、と思い、その後知人に聞いてみると、ある芸術家がセントロのあちらこちらに、同じような像を設置しているというニュースを見たという。
 もし、これが日本だったら消防法なぞの規則で、きっと許可をもらえないだろう。芸術家などの表現活動においてブラジルは本当におおらかである。昨日のニュースサイトでニューヨーク在住の日本人芸術家がいろんなところに光るビニール袋をぶらさげたところ、罪に問われているという記事を読んだばかりだっただけに、ますますブラジルの大らかさに感心した。
 まだ、他にも像が置かれているのだろうか? もっと気をつけてセントロを歩いてみようと思っている。

DSC_4486.jpg
突然出現した裸体像
,
DSC_4528.jpg
後ろのビルにさらに2体


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.