移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/08)
6・21 ブラジルの嘆き

6・21 ブラジルの嘆き (2012/06/21) ブラジルの今年下半期の成長率がドイツ、日本よりも劣る、との記事が新聞に出ていた。本当か? 目を疑った。ヨーロッパの経済危機、天災などの影響らしいが、それにしてもひどすぎる。
 たしかに、上流クラスは別にして、僕のような下級クラス生活者には、最近の値上がり等はひどいモノがある。インフレが始まっているのは確実である。
 昨日の邦字新聞のサイト記事によると、外務省職員が給料の値上げで正規職員の月給を6300レアルから1万2960レアルに上げ、非常勤職員の月給を3100レアルから5800レアルに上げることを要求しているらしい。倍の値上げを要求するなんて、日本では考えられないことである。給料の値上げの要求でさえ、こんな状態であるから、インフレが起こらないはずがない。
 一方では、政治家の収賄、贈賄などがはびこり、砂糖に群がった蟻状態でワールドカップのスタジアム建設が遅々として進まないようだし、貧乏人は貧乏人で、少しでも良い生活をするために安易に犯罪に走る。こんなことではこの国は決してよくならないだろう。。
 便利機器やさまざまな情報が世界中からはいる中、表面上は欧米並みになりつつはあるが、内面はまだまだ後進国のままだ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.